【盆提灯の送り火と迎え火】 Q:送り火とお供え物について

盆提灯(新盆・初盆)のQ&A

盆提灯 送り火と迎え火盆提灯(盆ちょうちん)の送り火と迎え火

迎え火はご先祖様が帰ってくる際の目印になります。玄関口で灯りをともしてお迎えする地域もあれば、お墓まで灯りを持ってお出迎えする地域もあるようです。その場合は取っ手の付いた棒に提灯をぶら下げて持ち歩きます。送り火は帰ってきて頂いたご先祖様をお見送りする時にともす灯りです。感謝の気持ちを込めてお見送りしたいものです。

送り火とお供え物

Q お供物の一部を送り火と共に燃やしても構いませんか?

盆棚(精霊棚)はお盆が終わった後に処分します。
初盆だった場合は初盆用の白い提灯と一緒に盆棚も一緒にお炊き上げします。

現在ではマンション住まいの方が多く、昔のように各ご家庭の自宅の庭でお炊き上げをするといった様子も見なくなりました。
最も望ましいのは菩提寺にお願いして処分してもらう方法ですが、ダイオキシンなどの環境問題に配慮してお焚き上げを行っていない寺院の方が多いようです。

そこで、ご家庭で出来る盆提灯や盆棚(精霊棚)の処分の仕方と致しましては、
まず手を合わせお祈りした後に盆提灯や盆棚の一部を燃やし、鎮火を確認してから丁寧にくるんでゴミとして処分してはいかがでしょうか?

また地域によってはお盆の飾り物の収集場所と日時が定められている所もあるようです。
一度お住まいの市町村役場・寺院にお問い合わせすることをおススメします。

地域のルールによって捨てるようにします。お供えの一部(真菰のゴザの一部など)を送り火の時に一緒に燃やした後、処分するという方法もあります。

【目 次】 盆提灯(盆ちょうちん)の送り火と迎え火について

送り火・迎え火に使われる盆提灯をご紹介!

 

 

 

 

■樹脂製■長さ30cm

■紙張
■紙製
■紙張■
 

 

 

 

■紙張

■紙張
■紙張

《棒付》■紙製

 

     
■紙張
     

 

初盆

初盆・新盆の特設ページはこちら!

最もご質問の多い「初盆」について。
こちらの特設コーナーでは初盆(新盆)
お供え・飾り方・服装やマナー・盆提灯の種類等についてご説明しております。

盆提灯のご購入はこちら

飾り方 お供えの仕方について飾り方 お供えの仕方について
ネットショップ楽天・Yahoo!ショッピングにて盆提灯・お盆用品をご購入頂けます。どうぞご覧下さいませ。

【盆提灯をご購入にあたって】
盆提灯(盆ちょうちん)には様々な種類があり同じ都道府県でも地域や各ご家庭によって仕様が異なる場合がございます。ご購入までに一度、ご近所のお寺・ご家族・ご親戚の方に尋ねてみると良いでしょう。

【盆提灯】 香華堂について

香華堂


香華堂  代表取締役社長
成影 幸仁
(なるかげ よしひと)


創業100年の歴史をもつ京仏壇・京仏具の香華堂は、真宗大谷派本山の仏具を手がけた福井屋仏具店をルーツとし今日まで営業を続けてまいりました。寺院用仏具はもちろんのこと、家庭用仏壇、仏具の製造、修理販売をしております。私たちが納めたものにおまいりして頂くという尊いお気持ちを忘れず、常に精進していきたいと考えております。

またお盆には盆提灯を飾り、ご先祖様に感謝の気持ちをお伝えする。という古き良い風習の「お盆」を後世に引き継げますよう努めたいと思います。


このサイトは香華堂が管理・運営しております。 どうぞお気軽にお問合せ下さい。
〒600-8435京都市下京区松原通新町東入ル中野之町166 TEL.075-361-2134  FAX.075-371-0371 MAIL. postmaster@kokadou.com
Copyright:2011 香華堂 all rights reserved.